いちさと

TXコラム

逆線走行が日常だった第2期走行試験

TX-3000系の走行試験では、深夜の逆線走行が確認されました。開業前の第2期走行試験では、逆線走行が広い範囲で行われていましたので、開業へ向けた走行試験の流れを簡単に振り返りながらご紹介します。 JRTTとMIR 突然ですが、TXを建...
TXレポート

TX車両大規模更新&総合基地拡張へ(2021年度事業計画)

2021年度事業計画が公開されました。 従来進められている車体修繕に加え、機器更新や内装更新を伴う、大規模更新の詳細設計に着手することが明らかとなりました。また総合基地の拡張についても記述があります。 引用元URL 車体・...
TXレポート

発車標のソフトウェア更新が始まる

本日、柏の葉キャンパス駅で、発車標のソフトウェア更新が初めて確認されました。 発車標については、安全報告書2020に「2020年度は表示内容を制御するソフトウェアの更新を実施し、視認性の向上やご案内情報の充実を図る」との記述があり、年度内...
TXレポート

TXダイヤ改正プレスリリース(2021年3月13日)

本日、TXダイヤ改正のプレスリリースがありました。終電時刻の繰上げと、深夜時間帯の増発(守谷→つくば)が実施されています。 北千住行などの深夜に見られる行先は残存し、開業時0:15発、2006年から0:18発となっていた秋葉原駅の最終列車...
TXレポート

脱線した71Fの現状(その8)

12月18日、保守基地から臨修線への移動が確認された71Fの3両ですが、本日時点で、ワイパー以外の外観上の部品取りは確認されておらず、2471のセミクロスシートも健在です。夕焼けが綺麗だった26日の写真をご紹介します。 前回のレポートはこ...
TXレポート

脱線した71Fの現状(その7)

脱線して2両が廃車となった71Fですが、ご報告したように7月に2371が搬出されています。そして12月18日、残る2471~2671についても久々に動きが確認されています。前回のレポートはこちらです。 12月18日、1月上旬以来留置さ...
TXコラム

幻の10両編成化計画とその名残

つくばエクスプレスは開業時6両、開業12年後に8両、相当年を経過した時点で10両という前提で地上設備が建設されています。しかしながら、1997年の基本計画見直し以前は、開業時8両、将来10両という前提で地上設備が計画されていました。ここでは...
TXコラム

TXで行う全重検のメリットとは?

TX車両の大規模な検査は総合基地の工場で行われます。ここでは入場時に3両が全般検査、3両が重要部検査を受けており「全重検」と呼ばれます。 京王電鉄など、他にも全重検を行う事業者があるものの、大多数の会社では、全般検査、重要部検査は各編成一...
TXレポート

営業編成からボックスシート消滅(73Fロングシート化)

営業中の編成として、最後までセミクロスシートが残存していたTX-2000系73Fですが、9月11日、ロングシート化され、営業に復帰した姿が確認されました。 開業時、51F~59Fが初期型テーブル無しボックスシート、60F~66Fが後期...
お知らせ

複数人執筆体制への移行について

2020年8月まで、当サイトは「いちさと」1人で管理をしており、高頻度な更新が困難でした。本日以降、複数人執筆体制(各記事ごとに記名式で配信する共同ブログ形式)へ移行することにしました。 従来より細かい話題も含めて配信していきたいと思いま...
タイトルとURLをコピーしました