本日開業!つくばエクスプレス!!

TXレポート

ヘッドマーク取り付け

02F、11F、60F、62F、63F、66Fの6編成に開業記念ヘッドマークが取り付けられていました。
6編成とも各区間の初列車に優先的に充当され、66Fは5時7分につくばを出発した記念すべき編成となりました。その一方で、初列車充当編成は朝ラッシュ終了時に車両基地に入区する運用が組まれているため、昼間に走行できたヘッドマーク付き編成は63Fの1編成だけでした。

02F 守谷駅上り始発列車に充当
11F 八潮駅下り始発列車に充当
60F 八潮駅上り始発列車に充当
62F 秋葉原駅下り始発列車に充当
63F 守谷駅上り6時26分発から充当(日中も運用)
66F つくば駅上り始発列車に充当

トラブルなど

北千住駅の上りホーム、始発から5本目の6時9分発車予定の列車が30mオーバーランするトラブルがありました。原因はレール上の潤滑油と、雨水がまじって滑りやすくなったためと言われています。編成番号は不明です。25日にも全く同じ地点で停止位置がずれるトラブルがありましたがこちらは24日のトラブルの関係で手動運転に切り替えて運転していたため起きたミスのようです。
また秋葉原などの一部の駅では激しい混雑で入場規制が行われました。混雑で気分が悪くなり、秋葉原駅から救急車で搬送される人もいたようです。
柏の葉キャンパスでホームドアから物を落として列車が遅れるトラブルもありました。
笑える話題としてはつくば駅の初切符が0001ではなく間違えて0000となっていたりというトラブルもありました。初日は大きなダイヤの乱れなくて良かったです。

記念切符など

24日の開業と同時に発売が開始された記念切符、パスネットなどがありましたが、現在は一部の駅の駅ごとの記念カードしか残っていません。
開業記念パスネット20枚セットは1000セットが全駅均等に50セットずつ販売されたため、秋葉原駅などは購入が難しかったようです。浅草駅限定記念切符はお昼ごろまでに売り切れました。

感想

私が茨城県守谷市に引っ越してきたのは11歳のとき、平成13年です。常磐新線の開通が遅れる中、以前に購入した家が傷まないようにと引っ越してきたような感じでした。引っ越した当時は守谷町でした。駅前には古い商店が並び、守谷駅は木造の映画に出てくるような小さな駅でした。
4年間の生活で色々なことがありました。造成も進み、新興住宅街が増えていくと、古い駅前は取り壊されて昔の面影が消えていきました。複合商業施設が次々と出来て利便性も向上し、あとは開業を待つだけのような感じで街は17年度を迎えたと思います。
開業当日は1番列車に乗ったりとTXを楽しんでいましたが、それ以上に4年間の隙間を自分で埋めていたような気がします。便利になるって言うのはこういうことなんですね。
TX開通までのつなぎのつもりだったこのサイトですが、いつしかコンテンツが増え、閲覧者数も増えて、閉鎖なんて考えられないような状況になりました。24日のアクセス数は1819件でサイト開設以来最大でした。
常磐新線は様々な変化がありましたが無事開業しました。20年で黒字転換を目指しているようです。今後も「いちさと地区」の足として頑張ってください。
(2005年8月25日)

タイトルとURLをコピーしました