秋葉原駅改良工事が竣工

TXレポート

2010年2月に着工していた秋葉原改良工事ですが、2010年9月30日に改札内のエスカレーター増設工事が竣工しています(詳細)。その後は出入口増設工事が行われていましたが、いよいよ工事が完成し、9月25日正午ごろから新通路とエレベーターの利用が始まりました。
一連の工事は20億円の投資となります。25日午後の写真を掲載します。


工事の概要(PDF)の通り、改札外コンコースには新たに2ヵ所の穴が開きました。
改札から向かって左にできたのが公衆トイレです。


向かって右にできたのが、この新通路と新エレベーターへの入口です。
入って左に行くと新通路があり、A2出口に繋がります。右に行くと新設の地上行エレベーターがあります。


エレベーターは大型のもので、既設のものよりも大きいです。


エレベーターで地上に出ました。認知度がまだ低いため、既設エレベーターに列ができる一方、既存施設から離れた新設エレベーターは人気がありませんでした。


A2出口から再度地下へ入ります。途中にできた新通路への分岐ですが、入るのに躊躇する人、興味本位で入っていく人がいました。
この部分は新設トイレの真上で、トイレは通路下の空間を有効に利用していることが分かります。


新通路を進んで階段を下りると、先ほどのエレベーターが見えます。
広告枠の反対側(右側)に折れると改札口です。

タイトルとURLをコピーしました