山手線・中央総武緩行線の世代交代

E235系の投入とE231系の転配

「山手線・中央総武緩行線の世代交代」について

山手線へのE235系投入に伴い、山手線E231系の大半(10号車以外)が中央総武緩行線へ転属しました。また、中央総武緩行線のE231系、209系500番台は、常磐快速線、武蔵野線、八高川越線への転用が進められています。

転配属の流れ(詳細

関係する区所の現状(2020年4月3日現在)

東京総合車両センター(山手線・48運用)

日付 編成表 両数 補足
2014年1月1日時点 E231系 11連52本 572 500番台
合計 572
2020年4月3日現在 E231系 バラ4両 4 4600番台
E235系 11連50本 550
合計 554

三鷹車両センター(中央総武緩行線・56運用)

日付 編成表 両数 補足
2014年1月1日時点 209系 10連13本 130 500番台
E231系 10連47本 470 0番台45本・900番台1本
合計 600
2020年4月3日現在 209系 消滅 0 500番台
E231系 10連1本 10 0・900番台
E231系 10連1本 10 900番台
E231系 10連58本 580 0・500番台
E231系 2連3本 6 0番台(MM')
E231系 4連3本 12 0番台(TcMM'Tc')
E231系 バラ12両 12 0番台(T)
E231系 バラ6両 6 0番台(T')
合計 636
スポンサーリンク
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました