E131系・E235系の導入と209系の動き

北総・房総各線向けE131系の情報と209系の置き換え、山手線へのE235系投入に伴う八高川越線からの209系の転出をまとめています。

E131系・E235系の導入と209系の動き

山手線へのE235系投入、それによるE231系の玉突き転用(詳細)によって、八高川越線の205系、209系に動きが出ています。一方、労組資料によると、北総・房総各線の末端区間には、E131系の投入が予定されており、209系の一部に動きが出ることになります。
ここでは209系の動向を中心にまとめます。

まとめ

E131系・E235系の導入と209系の動き

八高川越線の置き換えについて

八高川越線へは、中央総武緩行線から209系3500番台5本、E231系3000番台6本が転入しており、転入前の205系3000番台、209系3000番台、3100番台を置き換える編成数が投入されています。
2020年2月現在、205系3000番台は富士急行への転出、209系3000番台は訓練機械への転用の動きと各地への疎開、209系3100番台は疎開を挟みながら営業継続の動きが出ています。

今後の動き

209系3000番台3編成が各地へドアステッカー撤去の上、疎開されており、今後、転用や譲渡が行われる可能性があります。
209系3100番台は2編成が疎開を挟みながら営業に就いており、オリンピックやワンマン化などによる八高川越線での所要増があるかもしれません。

E131系による北総・房総各線の置き換えについて

2015年以降、置き換え計画に関する情報が労組資料から明らかになっています。

E131系が明らかになるまでの経緯

内房線、外房線、鹿島線のワンマン化が初めて外部に出たのは、2015年9月の労組資料です。千葉支社が「房総南線や鹿島線でワンマン運転の導入」を計画しているとの記述がありました。2018年5月には「2020年までに、内房線・君津以南、外房線・上総一ノ宮以南、鹿島線のワンマン化」が行われるとされ、具体的な時期、区間が明らかとなりました。
2019年3月、同じ労組から「幕張車両センターにも、モニタリング装置(注:文脈から車両CBMへ向けたモニタリング装置)の付いた2両編成が配置される」と編成両数と配置区所の情報が明らかとなり、2020年1月には「(E)131系」という形式名が明らかとなりました。

E131系の仕様について

時期的に、各地の205系、209系の置き換えが想定できるため、短編成対応でありつつも、4扉などの通勤タイプとしての性格が入るのではと思います。検査体系はモニタリング保全体系になることが労組資料中で示唆されており、E235系と共通の部品が増えるかもしれません。 また、昨今の業界の流れだと、機器構成については各車への分散、機器配置の統一化を進めることで、自由度を上げてくるのではと思います。

房総各線への投入形態について

明らかになっている限りの労組資料からは、鹿島線や房総南線のみが投入線区として挙げられており、209系の完全な置き換えではなく、末端部分への少数の投入になる見通しです。運用数からすると2連10数本程度と思われます。

今後の投入線区について

東海道線、宇都宮線、高崎線へのE235系投入とリンクしますが、205系、209系が残存し、かつ近郊タイプの転用が行われない線区に投入されることになるでしょう。
線区2020年度編成数コメント勝手な予想
宇都宮・日光線205系4連12本E531系の絡みも出てくる線区。可能性あり
相模線205系4連13本情報なし。トイレ不要。
房総各線末端区間209系6連26本・4連42本導入予定。確定的
房総各線千葉近郊一部は労組資料で転入計画が明らか。可能性低い
信越・篠ノ井・中央線211系6連14本・3連36本
上越・両毛・吾妻線211系6連7本・4連23本
仙石線205系4連17本
鶴見・南武支線205系2連3本・3連9本燃料電池車FV-E991系を試験導入。
架線レスの可能性も。
スポンサーリンク
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました