転入したE231系500番台

三鷹車両センターへ転入したE231系500番台

中央総武緩行線のE231系500番台 試運転中のE231系500番台。

残されたホームドア関連機器 残されたホームドア関連機器。
山手線向けE231系500番台から(E235系に編入される)サハE231形4600番台を抜いた10両編成が、三鷹車両センターへ転用されています。今までの経緯を踏まえると、今後、東京総合車両センターのE231系のうち10号車を除いた全車が中央総武緩行線に転入する予定です。

転用車の仕様

転用されたE231系500番台は、D-ATCは撤去されたものの、ホームドアトランスポンダ送受信装置、ホームドア継電器を搭載したまま転用され、定位置停止装置(TASC)が引き続き搭載されています。先頭車へはホーム検知装置が搭載されました。
中央総武緩行線への可動式ホーム柵導入に発展するか注目されていましたが、E235系量産車投入発表と同じ2016年6月に、千駄ヶ谷、信濃町、原宿への可動式ホーム柵導入が発表されました。

中央総武緩行線の編成表

最新編成表はこちらに集約しました。

© 2004-2017 いちさと

Forgot your details?