連日の御召し試運転(復路)

TXレポート

8月1日から2日にかけて、天皇皇后両陛下がつくば市に来市されます。
2年前にお召し列車の運転実績のあるTXですが、今回は8月1日に秋葉原→つくば間、8月2日につくば→南千住間でお召し列車が運転されます。2008年度は復路のみでしたが、今回は全区間にわたる往路の運転も予定されていて、2日連続の活躍が見込まれます。
今年度の御召し試運転は今まで2回目撃しており(詳細1)(詳細2)、運行形態は2008年度の御召し試運転とほぼ同じ形でした。
本日、67Fが同様の試運転を行っていたので、レポートします。なお、今回のスジは実際の運転と一部異なるようです。実施日が近づけば、営業ダイヤの変更を伴なう本番に即した試運転が行われるはずなので、スジはその時に公開します。

fig
南流山駅のLED。先週、先々週と同様、守谷からつくばへ回送され、つくばから南千住までノンストップ走行する(ような)スジです。

fig
北千住駅のLED。実は今回の御召し試運転列車は、八潮駅で快速を待避しています。
御召し列車が待避をすることは(慣例上、保安上、共に)ありえないため、実際の運転では、快速を抑止することで、御召し列車を先着させるはずです。

fig
高速で北千住駅に進入する67F。
まだ8002レですが、直前には1002レとしての試運転も期待できそうです。

fig
前回の御召し本務編成だった68Fは、今日現在も運用に就いています。
67F、68F共に全重検直後のため、床下は綺麗です。また、67Fは本日HMステーの取り付けを確認しましたが、68Fはそのままです。現時点では、67Fのほうが整備が進んでいる印象です。
とりあえず、防弾ガラス化された67F、68Fが本務、予備編成を勤めるのは確かでしょう。

タイトルとURLをコピーしました