自動券売機の小変化

TXレポート

12月12日に守谷駅の自動券売機のデザインが変更されていることに気付きました。
マイナーなネタだと思っていたら、その後、全駅に波及していく流れになったため、一応まとめます。

31_01
守谷駅の自動券売機の様子。
PASMO対応(=ピンク)、PASMO非対応(=スカイブルー)のように、一番上の板のデザインが変更されています。

31_02
PASMOのチャージにしか券売機を使わないため、チャージのたびにPASMO対応機を探していた自分にとっては、非常に分かりやすい色分けだと思います。
高額紙幣対応機は右肩に黄色いシールを貼って区別してあります。
※定期券対応機でした。訂正します。

31_03
12月13日の秋葉原駅の自動券売機。従来通りのデザインです。現在の秋葉原駅がどうなっているのかは分かりませんが、南流山駅などでは既に変更されていました。
見ての通り、PASMOシールだけで区別していたので、間違えて並んでしまうリスクがありました。

タイトルとURLをコピーしました