第8回つくばエクスプレスまつり

TXレポート

11月3日、第8回つくばエクスプレスまつりが総合基地で開催されました。
取り急ぎ写真を掲載します。

ヘッドマーク付き電車の展示・車内見学


今回のHM展示編成は72Fでした。隣に並ぶのは01Fで、この位置での展示は2006年以来。
昨年、大幅に下げられた規制線の位置は、従来の位置へ戻り、撮影しやすい環境に戻りました。また、LED表示を割と頻繁に変更していました。


今回のヘッドマークスケジュール。大変なことが起きています。今年の新規HMは東京メトロパス・花と寺社めぐり号を除くと、4枚(梅まつり2012、ドラえもん2012、こども美術館2012、TXまつり2012)のはずですが、ドラえもんHMがありません。更に梅まつりHMに至っては、何を思ったか2010年度のものが掲出されていました。
ヘッドマークを本線掲出期間に撮り逃すと、TXまつりで挽回できなくなったということです。


運転室見学/車内見学の編成は73Fと08Fでした。


TXまつりヘッドマークは70Fに掲出され、本線上も走行しました。TXまつり中も70Fは14番線に停車していたので、ヘッドマークの撮影は難しくなかったです。
窓越しに71Fが見えますが、午後からこの場所に入線していたようです。3日の日中は、2012年度新造車は全て総合基地に集まっていたことになります。


今年度のTXまつりヘッドマーク。

鉄道模型展示・プラレールコーナー(臨修庫)


前回から、臨修庫の中に実車が顔を出すようになりましたが、今回は63Fでした。
「通勤快速」のLED表示を出していますが、新種別PRのためか、63Fに限らず全体的に掲出頻度が高かったです。列車番号が7500番台(震災後の節電ダイヤで、秋葉原~守谷間の列車に使われた番台)になっており、なんらかの意図があったのかもしれません。

電車の床下見学(検修庫)


床下見学は検査直後の68Fが充当されていました。

タイトルとURLをコピーしました