「パタパタ式」出発表示機にあった、幻の「油壺」駅

Youtubeを漁っていたらこんな動画が…

京成線八広駅でかつて使われていた「パタパタ式」(反転フラップ式)の出発表示機が動作する様子です。路線の性格上いろいろな行先が表示できるようになっていますが、1:13あたりになんと「油壺」があります。

「油壺」とは、京急久里浜線の終着駅となる予定の駅でした。当初は三崎口の先の油壺まで路線を建設する計画でしたが、着工することなく、三崎口が終着駅となり現在に至っています。

反転フラップ式の場合、表示内容を更新する際はフラップを取り換える必要があります。LED式の案内装置のようにプログラムを書き換えるのとは違い、手間がかかります。それゆえ、将来を見越して、計画駅を含めたのでしょう。

なお、この表示機は「スカイライナー」の表示もできるようです。押上線にスカイライナーなんて入線しませんが…全線で表示内容を共通化していたのでしょうか(因みに、スカイライナーを羽田空港まで直通させる構想はかつてあったようです)?

現在、同駅のフラップ式の出発表示機は撤去され、フルカラーLED式に更新されています。

参考

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントが投稿できない設定です。

© 2004-2018 いちさと

Forgot your details?