開始したフォーラムトピック

10件のトピックを表示中 - 1 - 10件目 (全41件中)
  • No. -1 : 郡山入場中の209系500番台は209系3500番台(八高線向け)に

    #10773 編集

    昨日目撃された前面がオレンジ帯の209系ですが、八高線向けだったようです。元ミツC501編成でしょうか。


    209系3500番台(新区分)で出場するようです。半自動化改造もされています。前面に緑帯がないのみで、側面の様子が確認できたため、八高線向けで確定でしょう。

    また、ミツC502編成のモハユニット(503)ですが、解体線へ入りました。入場直後にサハ2両のみの解体でしたが、この流れでほぼ4連化となるでしょう。武蔵野線ではなくこちらも八高線に行くのでしょうか…

  • No. -2 : 郡山入場中の209系500番台に変化

    #10770 編集

    郡山総合車両センターに入場しているC501、502編成ですが、どちらかの編成のオレンジ色の帯の先頭車が目撃されています。


    武蔵野線向けの209系500番台であれば4M4Tとなりますので、サハ2両のみが解体されたC502編成の可能性が高いです。ただ、遠くからの目視のみの情報なのでまだ確定できるわけではありませんが…

  • No. -3 : 八高・川越線向けE231系3000番台第1編成は宮ハエ(カワ)41編成に

    #10727 編集

    八高・川越線向けのE231系3000番台の第1編成(元ミツB5編成)ですが、「41」の札が掛かっていたようです。


    タイトルは宮ハエ(カワ)41としましたが、どちらで書いても差し支えはないと思います。

  • No. -4 : ミツB9編成は武蔵野線へ

    #10714 編集

    10月23日に入場していたB9編成ですが、帯が武蔵野線のものになっているのが目撃されています。


    編成から外れたサハ車2両(サハE231-25,E230-9)の処遇については不明です。(廃車でしょうが…)

  • No. -5 : 元B6編成秋田入場

    #10657 編集

    元ミツB6編成が青森改造センターでの改造を終え、秋田総合車両センターへ入場しました。


    前回のB5編成同様中間車は8号車、9号車が転用にまわるようです。

  • No. -6 : 651系K102編成KY入場

    #10643 編集

    10月25日に651系K102編成が郡山総合車両センターへ回送されました。


    昨年の11月に重要部検査を通した後、あまり運用実績もないままの入場となりました。前回の全般検査からかなりの間があったため、全検切れに伴うものと考えられます。

  • No. -7 : 107系高崎車が9月に定期運行を終了

    #10414 編集

    211系の投入により、115系と同時に置き換えが進められていた107系ですが、9月に定期運行を終了することがJR東日本高崎支社から発表されました。定期運行終了後の10月1日(日)と7日(土)には団体専用列車が運転される予定です。
    http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/pdf/20170727_info.pdf
    これに伴い、10月以降の高崎地区の普通列車は115系と211系に統一される見込みです。(高崎線方面からの乗入れを除く)

  • No. -8 : 211系タカC15編成大宮出場

    #10348 編集

    211系タカC15編成が改造工事を終え、大宮総合車両センターを出場しました。

  • No. -9 : 東京メトロ、2025年度までに全駅にホームドア設置を決定

    #10342 編集

    東京メトロでは、2024年度までに1日10万人以上の利用者のいる駅への整備を完了させ、2025年度までに全駅にホームドアを整備するとのことです。
    http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20170629_64.pdf
    ホームドアの仕様はすべて透過型ハーフハイトタイプが使用され、うち半蔵門線と東西線では通常のものと大開口のものが併用される予定です。
    なお、東京オリンピック開催の2020年までには全駅中のおよそ8割の設置が予定されています。

  • No. -10 : TX、車両改造および車両新造について

    #10338 編集

    混雑緩和へ新車両と改造 沿線利用増が続くTX 千葉日報(6月27日)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010002-chibatopi-l12
    記事によれば、TXでは今年の夏までにボックス席のロングシート化を終わらせて定員を増やすほか、2019年度末に新車両5台(各6両編成)を追加導入することで1時間の最大運転本数が22本から25本に拡大されるとのこと。また、ボックス席の改造では1回の運行につき定員を24人増やすことができるといい、新車両のうち3台は特に混雑の激しい通勤時間帯に投入されるとのことです。
    その一方で、現行の6両編成を8両編成化することは、ホーム延長など多額の投資が必要なため困難とも示されています。現状では8両化については、まだ先のことになりそうです。

10件のトピックを表示中 - 1 - 10件目 (全41件中)