カワヤ

  • さちさま、いちさとさま。
    改めて生意気なことを申し、誠に申し訳ありませんでした。また、さちさまにおかれましては、遅ればせながら、早速の運用分析、深く感謝いたします。

    確かに予備が従来通り3編成必要となれば、まだ1編成足りませんが、209系以降の車両は205系・211系以前の車両に比べ、保全に要する入場日数がかなり短縮されている上、一部の保全については、東京・大宮などの総車セでなく、一部車セでも可能となっており、予備編成削減は十分あり得ると推測しております。

    なお、京葉用209系のケヨ34については、中央線のグリーン車対応工事終了後の2024年度以降に、余剰になると予想される豊田のE233系10両を転用して置き換えると、半ば勝手な予想をしております。

  • さしでがましいようで、恐縮ですが、京葉区の武蔵野線用209系は現在11編成いますので、E231系が33編成三鷹から転用されれば、計44編成となります。武蔵野線の運用本数が43本なら、予備2編成として、45編成あれば足りるので、不足は1編成。それを松戸からの転用によって賄うことで、205系の置き換えは完了するものと思われます。

  • カワヤ の返信(返信先:トピック マト119編成の戸閉装置は全車両未更新 他 、フォーラム E231系1か月 4週間前

    初見で失礼します。
    むしろ水戸支社のダイヤ改正リリースの方にヒントがありそうです。
    朝間ラッシュ時に勝田方面から上野方面への直通が土浦で分割され、E531の基本編成が1運用削減されそうです。これをE231基本編成の運用と置き換えれば、E231の基本編成が1本削減される可能性があります。
    これにより、武蔵野線のE231を充足させるとも予想できます。

    http://www.jrmito.com/press/191213/press_01.pdf

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました