E257系500番台の転出

E257系500番台の転出計画

E257系500番台 余剰が続くE257系500番台。
2015年3月改正では、横須賀線のライナー廃止、北総特急「あやめ」の廃止、房総・北総特急「わかしお」「さざなみ」「しおさい」の本数見直しにより、E257系500番台は予備を見込んでも半数近い9本が余剰となりました。
9本のうち、2本は同改正で総武線のライナーへ転用、2本は255系の機器更新予備として転用されましたが、255系の機器更新が終わった2018年現在、255系の運用を2015年3月改正以前に戻せば、E257系500番台には7本の余剰があることになります。

東海道特急「踊り子」への転用(4本)

2019年8月、東海道特急「踊り子」の付属編成としてE257系500番台(基本編成はE257系0番台基本編成)を転用することがJ-Train誌75号で明らかになりました。その後、2019年11月に横浜支社プレスリリース(PDF)で、付属編成の転用は5連4本となり2500番台に改番されることが明らかになりました。
なお、2017年に(修善寺行きに分かれる形態について)「E257系も、これに対応させる」との報道、2019年11月に(E257系による置き換え対象について)「修善寺駅までを結ぶ「踊り子」を予定」するとの報道があり、修善寺踊り子は存続する見通しです。(廃止に関する情報は一貫して出ていません。)

波動用への転用(現状3本)

2018年3月から、従来、豊田車両センター所属の189系が担っていた河口湖方面への波動輸送をE257系500番台が受け持つこととなりました。幕張車両センターへ所属したまま豊田車両センターへ常駐しています。
下記編成表の通り、波動用編成には2019年3月にアクセント色が貼られましたが、運用によっては従来編成と混用されています。

(補足)機器更新

房総・北総特急の改変が無ければ、E257系500番台は大半が幕張車両センターに残ると推測されますが、同番台は機器更新時期を迎えており、房総特急について「新着席サービス導入」との労組資料が明らかになっていることから、転用改造を行わない機器更新、および着席サービスへ向けた改造などが見込まれます。

E257系500番台の編成表

5連19本が幕張車両センターに所属しています。

「しおさい」「わかしお」「さざなみ」向け500番台

安房鴨川・銚子
東京・新宿
幕張車両センター所属
E257系500番台
  • 縮小
  • 詳細
5号車 4号車 3号車 2号車 1号車
WC
WC
WC
編成 クハE257
500A
クロス
CP
モハE257
500A
クロス
VVVF
SC78
IGBT
モハE256
500A
クロス
SIV
SC80
IGBT
モハE257
1500A
クロス
VVVF
SC79
IGBT
クハE256
500A
クロス
SIV
SC80
IGBT
CP
動き
NB-01 501 501 501 1501 501
NB-02 502 502 502 1502 502
NB-03 503 503 503 1503 503
NB-04 504 504 504 1504 504
NB-05 505 505 505 1505 505
NB-06 506 506 506 1506 506
NB-07 507 507 507 1507 507
NB-08 508 508 508 1508 508
NB-09 509 509 509 1509 509
NB-10 510 510 510 1510 510
NB-11 511 511 511 1511 511
NB-12 512 512 512 1512 512
NB-13 513 513 513 1513 513
NB-14 514 514 514 1514 514
NB-15 515 515 515 1515 515
NB-16 516 516 516 1516 516
NB-17 517 517 517 1517 517
NB-18 518 518 518 1518 518
NB-19 519 519 519 1519 519

特記

車番背景色 - 豊田車両センター常駐の車両。アイコン表記は2019年3月に貼られたアクセント色。

© 2004-2019 いちさと

Forgot your details?