富士急行への転出

205系の転出

205系(転用待ち) 長野総合車両センターに留置されていた元ケヨ22編成4両。
京葉線の205系のうち、初期のグループにあたる3連4本と予備車2両が、順次富士急行へ譲渡され、6000系として活躍しています。 改造は主に長野総合車両センターで行われ、内外装の一部は富士急行側で整備を行った後、運用に就いています。

編成表

富士急行6000系
←富士山 河口湖・大月→
--号車 --号車 --号車


編成 Mc相当 M'相当 Tc'相当 出場日 到着日 運用
--- 6501 6601 6551 11/09/30 11/10/02 12/02/29
M33 M'33 Tc'11
元ケヨ22
--- 6001 6101 6051 12/01/20 12/01/22 12/03/18
M6 M'6 Tc'2
元ケヨ25
--- 6002 6102 6052 12/07/06 12/07/08 --/--/--
M9 M'9 Tc'3
元ケヨ26
--- 6003 6103 6053 12/11/30 12/12/02 --/--/--
M12 M'12 Tc'4
元ケヨ27
--- 部品取り(MM'のまま) 12/07/06 12/07/08 --/--/--
M10 M'10
元ケヨ27

出場時の仕様

2011年10月1日、長野総合車両センターから出場した、富士急行向け3連が八王子に姿を見せていたので、軽く紹介したいと思います。

形式写真

元モハ205-33。先頭化改造の上、パンタグラフがシングルアーム2基に。

元モハ204-33。

元クハ204-33(これのみ逆サイド)。

全車両共通

側面2ヵ所に新設された車外スピーカーと、ベンチレータの撤去跡。
LED化された行先方向幕と、新設の半自動ドアスイッチ。
全車両共通の特徴として、行先方向幕のLED化、半自動ドアスイッチの取り付け、車外スピーカーの新設、ベンチレータの撤去が確認できました。

先頭化改造車

クハを含め、スノープローを新設。
新設運転台の外観。既設運転台との差異を一切感じさせない仕上がり。
モハ205-33に対しては、205系としては久々の先頭化改造工事が行われています。鶴見線向けの3連とは異なり、クモハ205形相当となっています。
接合部の上部。ルーバーがクモハの証。
接合部の下部。種車の鋼体を流用した改造です。
更にダブルパンタとなっています。
パンタグラフはシングルアームパンタに換装。

その他

各車両の床下に新設された外部電源装置。
クハ204形の側面。
床下機器については、クハ204形にCPが追設されたほか、外部電源装置の新設が確認できました。
205系先頭車の先頭寄り行先方向幕は位置が変則的ですが、今回の転用でも残置されました。元モハ205形のほうは撤去されているため、両側面で行先方向幕の数が異なっています。

今後

今回は側面のカーテンはもちろん、客用窓も塞がれており、中の様子が分かりにくい状況でした。車内になんらかの改造が施されているのかもしれません。

© 2004-2017 いちさと

Forgot your details?