武蔵野線の増発

武蔵野線の増発

2007年3月のダイヤ改正で武蔵野線の運用が1本増え、205系8連を捻出する必要性が生じました。
捻出元としては、同じ京葉車両センターの京葉線向け205系が対象になり、穴埋めには当時中央快速線で淘汰が進んでいた201系を転入させることになりました。201系と合わせて動きをまとめてみます。

201系の転属

中央快速線用201系0番台(転属前)
10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車







編成 クハ201 モハ201 モハ200 サハ201 モハ201 モハ200 サハ201 モハ201 モハ200 クハ200
T32 58 133 133 63 134 134 64 135 135 58
↓↓↓
京葉線用201系0番台(転属後)
10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車







編成 クハ201 モハ201 モハ200 サハ201 サハ201 モハ201 モハ200 モハ201 モハ200 クハ200
70 58 133 133 63 64 134 134 135 135 58

2007年01月07日:65Tをもって中央快速線から運用離脱
2007年01月11日:東京総合車両センターへ入場
2007年02月07日:東京総合車両センターから出場
2007年02月16日:京葉線で運用開始

205系の転属

京葉線用205系0番台(転属前)
10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車







編成 クハ205 モハ205 モハ204 サハ205 モハ205 モハ204 サハ205 モハ205 モハ204 クハ204
23 15 43 43 29 44 44 30 45 45 15
↓↓↓
武蔵野線用205系0番台(転属後)
1号車 2号車 3号車 保留車 4号車 5号車 保留車 6号車 7号車 8号車







編成 クハ205 モハ205 モハ204 サハ205 モハ205 モハ204 サハ205 モハ205 モハ204 クハ204
M66 15 43 43
44 44
45 45 15
保留
29
30

2007年02月10日:サハ205-29・30が習志野電留線へ疎開回送
2007年02月16日:他8両が大宮総合車両センターへ入場
2007年03月09日:大宮総合車両センターから出場
2007年03月12日:武蔵野線で運用開始

サハ205-29・30の動向

2008年7月10日、習志野電留線のサハ205-29・30が川越車両センターへ配給されました。
当初計画では、元ケヨ21編成8両(東大宮疎開中・経緯はこちら)がVVVFインバータ化され武蔵野線に転属し、M66編成はサハ205-29・30を組み込み直して京葉線に戻る予定でした。

© 2004-2017 いちさと

Forgot your details?