試作車の置き換え

209系900~920番台

1992年3月から1992年4月にかけて、民営化後初めての通勤型試作車として、901系A/B/C編成(後の209系900~920番台)が登場しました。
国鉄最終期の、ランニングコストを抑える思想を忠実に具体化した901系は、細部が異なる3本を新造することで様々な部分を比較し、209系以降の車両群のベースとなりました。
このように、試作編成を30両も作って、実験、研究を行う事は非常に稀で、JR東日本が901系にかけた期待の大きさは計り知れません。また、この901系を間接的に置き換えたE231系も、ドア窓などに901系の面影が残る形式でした。いかに901系が先見的な構造だったかが良く分かります。

試作車の置き換え計画

209系以降の系列は、制御系の電子部品の寿命が13年ほどとされており、900~920番台も例外ではありません。試作車ゆえの構造の違いや、取り扱いの違いもあり、2006年度中の廃車が噂されました。
当時、209系量産車は、全車両が機器更新を施工し、もう13年の活躍が見込まれていたため、量産車に比べてかなり早い廃車となる見込みでした。また、新しい訓練車は、この試作車を使う事を軸にして計画が進んでいたようです。中央線に次ぐE233系の投入も、埼京線方面への投入を計画していたとの噂です。
最終的には、2006年下半期に中央総武緩行線にE231系新造車3本を投入、それにより、209系500番台3本が2006年度末までに京浜東北線に転属し、試作車を廃車に追いやる事になりました。

中央総武緩行線へのE231系投入

東急車輛製造で、10連3本が新造されました。

←千葉  三鷹車両センター所属中央総武緩行線用E231系0番台  三鷹→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車



6ドア車



編成 クハE231 サハE231 モハE231 モハE230 サハE230 サハE231 サハE231 モハE231 モハE230 クハE230 製造 年月日*E
B80 80 217 140 140 44 218 219 141 141 80 東急 06/10/19
B81 81 220 142 142 45 221 222 143 143 81 東急 06/11/07
B82 82 223 144 144 46 224 225 145 145 82 東急 06/11/22

209系500番台の京浜東北線転属

量産車の車体保全工事用の予備車として、まずミツ515編成が2005年10月から2006年3月にかけて浦和電車区に貸し出されました。改造は東京総合車両センターで行われ、D-ATCなどの取り付けが行われました。2005年の東京総合車両センター一般公開のとき、ミツ515編成の貸出目的、改造内容などが公表されています。
2005年度末の返却の際は、その後の試作車置き換え計画を見据えて、D-ATCなどを撤去せずに返却される事になりました。
2006年10月以降、このミツ515編成を含めた3編成が、正式に浦和電車区に転属、試作車を置き換えました。転属時点で、すでに京葉電車区への転属計画があったため、改造箇所が最小限に留められています。

←大宮  浦和電車区所属京浜東北線用209系500番台  大船→
10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車








編成 クハ209 サハ209 モハ209 モハ208 サハ209 サハ209 サハ209 モハ209 モハ208 クハ208 製造 年月日*E
82 513 549 525 525 550 551 552 526 526 513 新津 00/01/27
83 514 553 527 527 554 555 556 528 528 514 新津 00/02/10
84 515 557 529 529 558 559 560 530 530 515 新津 00/02/28

試作車の廃車

2006年度末までにウラ91、92編成が離脱しました。ウラ90編成はしばらく予備として残っていましたが、2007年8月28日に東京総合車両センターに入場、サハ209-901を抜き取り、8月30日に東大宮に疎開しました。

←大船  浦和電車区所属京浜東北線用209系0番台  大宮→
10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車








最終
確認日
東大宮
疎開
北長野
配給
編成 クハ209 サハ209 モハ208 モハ209 サハ209 サハ209 サハ209 モハ208 モハ209 クハ208
ウラ90
△置換
ウラ82
901 901 901 901 902 903 904 902 902 901 07/08/20
(---)
07/08/30 08/01/11
配給










保管 試験 解体
ウラ91
△置換
ウラ84
911 911 911 911 912 913 914 912 912 911 06/12/19
(31A)
06/12/26 07/01/24
配給










解体
ウラ92
△置換
ウラ83
921 921 921 921 922 923 924 922 922 921 07/03/03
(10A)
07/03/07 07/12/21
配給










解体

サハ209-901の活躍

鎌倉のモハ113-1085。
209系の姿はありませんでした。
東京総合車両センターで抜き取られたサハ209-901は、他形式の廃車2両(モハ113-1085、サハ201-55)と共に、2007年10月05日に川崎埠頭に輸送、その後、旧鎌倉総合車両センターに搬入され、2008年2月から強度試験、転覆試験などに使われています。
私が2008年3月中旬に行ったときには、113系だけが隅のほうに寂しく留置されていました。

2009年3月にサハ209-901は解体されました。

クハ209-901の保存

2008年1月にウラ90編成(9両編成)が長野総合車両センターに到着した後も、クハ209-901のみが解体を免れ、長野総合車両センター構内で保管されていました。
2010年3月20日、長野総合車両センター構内の解体場所でトレーラーに乗せられ、21日未明に東京総合車両センターへ搬入されました。26日には東京総合車両センター正門前の、クモハ101-902が展示されていたスペースに置かれているのが確認されました。

その後、JR東日本の通勤型車両の礎として同所で保存されています。

© 2004-2017 いちさと

Forgot your details?