車両概要:E531系

E531系の概要
2018年1月1日現在

2017年は上野東京ライン開業用として基本編成3本、3000番台1本、黒磯構内直流化用として3000番台2本が新製されました。
2018年は動きのない1年となりそうです。

メニュー

現行の配置状況

配置 編成表 充当線区 補足 両数
勝田車両センター 5×34 常磐線など 0番台付属編成・3000番台 170 430
10×26 常磐線など 0番台基本編成 260
合計両数: 430

現行編成一覧

勝田車両センター所属
配置:430両

5×34:常磐線など(0番台付属編成・3000番台)

うち27編成
方面
←竜田
小山・品川→
勝田車両センター所属
E531系0番台付属編成
号車 15号車 14号車 13号車 12号車 11号車


__>_


WC

クハE531
1000A
セミクロ
サハE531
0A
セミクロ
モハE531
0A
セミクロ
モハE530
1000A
ロング
クハE530
2000A
ロング
形式詳細詳細詳細詳細詳細詳細
主変換装置
(CI)
- -
CI13
IGBT
CI13
IGBT
-
補助電源装置
インバータ部(SIV)
- - -
SC81
IGBT
-
空気圧縮機
(CP)
- - - -
MH3124-
C1600SN3
その他- - - - -
うち7編成
方面
←竜田
新白河・品川→
勝田車両センター所属
東北・常磐線用E531系3000番台
号車 15号車 14号車 13号車 12号車 11号車


__>_


WC

クハE531
4000A
セミクロ
サハE531
3000A
セミクロ
モハE531
3000A
セミクロ
モハE530
4000A
ロング
クハE530
5000A
ロング
形式詳細詳細詳細詳細詳細詳細
主変換装置
(CI)
- -
CI13A
IGBT
CI13A
IGBT
-
補助電源装置
インバータ部(SIV)
- - -
SC81A
IGBT
-
空気圧縮機
(CP)
- - - -
MH3130-
C1600F
その他- - - - -

10×26:常磐線など(0番台基本編成)

うち15編成:グリーン車連結後または新製時に9号車がサハE531形0番台(セミクロス)となった編成
方面
←高萩
品川→
勝田車両センター所属E531系0番台基本編成
号車 10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車
WC

__>_



2階建て
2階建て
__>_


WC

クハE531
0A
セミクロ
サハE531
0A
セミクロ
モハE531
2000A
ロング
モハE530
2000A
ロング
サハE530
2000A
ロング
サロE531
0A
グリーン
サロE530
0A
グリーン
モハE531
1000A
ロング
モハE530
0A
セミクロ
クハE530
0A
セミクロ
形式詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細
主変換装置
(CI)
- -
CI13
IGBT
CI13
IGBT
- - -
CI13
IGBT
CI13
IGBT
-
補助電源装置
インバータ部(SIV)
- - -
SC81
IGBT
- - - -
SC81
IGBT
-
空気圧縮機
(CP)
- - - -
MH3124-
C1600SN3
- - - -
MH3124-
C1600SN3
その他- - - - - - - - - -
うち11編成:グリーン車連結後に9号車がサハE531形2000番台(ロング)となった編成
方面
←高萩
品川→
勝田車両センター所属E531系0番台基本編成
号車 10号車 9号車 8号車 7号車 6号車 5号車 4号車 3号車 2号車 1号車
WC

__>_



2階建て
2階建て
__>_


WC

クハE531
0A
セミクロ
サハE531
2000A
ロング
モハE531
2000A
ロング
モハE530
2000A
ロング
サハE530
2000A
ロング
サロE531
0A
グリーン
サロE530
0A
グリーン
モハE531
1000A
ロング
モハE530
0A
セミクロ
クハE530
0A
セミクロ
形式詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細
主変換装置
(CI)
- -
CI13
IGBT
CI13
IGBT
- - -
CI13
IGBT
CI13
IGBT
-
補助電源装置
インバータ部(SIV)
- - -
SC81
IGBT
- - - -
SC81
IGBT
-
空気圧縮機
(CP)
- - - -
MH3124-
C1600SN3
- - - -
MH3124-
C1600SN3
その他- - - - - - - - - -

形式一覧

形式別の番台分布状況は以下の通りです。
番台クハE530クハE531サハE530サハE531サロE530サロE531モハE530モハE531
026両A
26両A
42両A
26両A
26両A
26両A
27両A
100027両A
27両A
26両A
200027両A
26両A
11両A
26両A
26両A
30007両A
7両A
40007両A
7両A
50007両A

両数の後のアルファベットはサイト独自の分類で、下記のルールに従っています。
  • パンタ形態の違い、電気連結器の違い、トイレの有無は別区分とする。
  • 主要3機器(主制御装置または主変換装置、補助電源装置インバータ部、空気圧縮機)の形式が異なる場合に別区分とする。
  • ただし、互換性がある機器で、現に複数の形式が混在している場合は、両方を併記して同一区分とする。
  • 数年しか存在せず、編成表に反映されていない形態は扱わない。(主変換装置が更新後、補助電源装置が更新前のE501系など。)
  • 今までの遍歴は問わない。(新製時に形態が異なった試作車が、量産化改造で同一形態になった、など。)
  • 他は全て同一形態とする。(所属、帯色、保安装置、車内案内装置、自重などの違いは無視する。)
一部で公式のアルファベット分類が公表されている形式もありますが、互換性はありません。

クハE530形

計26両

クハE530-16
© Train Side View by TKM
クハE530形0番台(A)の側面写真
CISIVCP


MH3124-C1600SN3
その他機器
WC

クハE530
-0A
セミクロス
CPを搭載するWC付の制御車で、勝田車両センターに26両が在籍しています。23以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。

計27両

クハE530-2025
© Train Side View by TKM
クハE530形2000番台(A)の側面写真
CISIVCP


MH3124-C1600SN3
その他機器
WC

クハE530
-2000A
ロング
CPを搭載するWC付の制御車で、勝田車両センターに27両が在籍しています。1019以降はAM/FM受信アンテナが省略され、乗務員室側構体が無塗装化されました。

計7両

クハE530-5003
© かけやま写真館
クハE530形5000番台(A)の側面写真
CISIVCP


MH3130-C1600F
その他機器
WC

クハE530
-5000A
ロング
CPを搭載するWC付の制御車で、勝田車両センターに7両が在籍しています。準耐寒耐雪仕様(+3000)の2000番台相当の区分です。

クハE531形

計27両

クハE531-1025
© Train Side View by TKM
クハE531形1000番台(A)の側面写真
CISIVCP



その他機器

クハE531
-1000A
セミクロス
制御車で、勝田車両センターに27両が在籍しています。1019以降はAM/FM受信アンテナが省略され、乗務員室側構体が無塗装化されました。

計7両

クハE531-4003
© かけやま写真館
クハE531形4000番台(A)の側面写真
CISIVCP



その他機器

クハE531
-4000A
セミクロス
制御車で、勝田車両センターに7両が在籍しています。準耐寒耐雪仕様(+3000)の1000番台相当の区分です。

サハE530形

サハE531形

計42両

サハE531-37
© Train Side View by TKM
サハE531形0番台(A)の側面写真
CISIVCP



その他機器

サハE531
-0A
セミクロス
中間付随車で、勝田車両センターに42両が在籍しています。30以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。11は線路モニタリング装置を搭載しています。

計11両

サハE531-2005
© Train Side View by TKM
サハE531形2000番台(A)の側面写真
CISIVCP



その他機器

サハE531
-2000A
ロング
中間付随車で、勝田車両センターに11両が在籍しています。

計7両

サハE531-3003
© かけやま写真館
サハE531形3000番台(A)の側面写真
CISIVCP



その他機器

サハE531
-3000A
セミクロス
中間付随車で、勝田車両センターに7両が在籍しています。準耐寒耐雪仕様(+3000)の区分です。

サロE530形

サロE531形

モハE530形

計26両

モハE530-16
© Train Side View by TKM
モハE530形0番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13 IGBT
SC81 IGBT

その他機器

モハE530
-0A
セミクロス
CI、SIVを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに26両が在籍しています。23以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。

計27両

モハE530-1025
© Train Side View by TKM
モハE530形1000番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13 IGBT
SC81 IGBT

その他機器

モハE530
-1000A
ロング
CI、SIVを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに27両が在籍しています。1019以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。

計26両

モハE530-2016
© Train Side View by TKM
モハE530形2000番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13 IGBT
SC81 IGBT

その他機器

モハE530
-2000A
ロング
CI、SIVを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに26両が在籍しています。2023以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。

計7両

モハE530-4003
© かけやま写真館
モハE530形4000番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13A IGBT
SC81A IGBT

その他機器

モハE530
-4000A
ロング
CI、SIVを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに7両が在籍しています。準耐寒耐雪仕様(+3000)の1000番台相当の区分で、車体風道を採用し主電動機がMT75Aとなりました。

モハE531形

計27両

モハE531-25
© Train Side View by TKM
モハE531形0番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13 IGBT


その他機器
__>_

モハE531
-0A
セミクロス
CIを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに27両が在籍しています。

計26両

モハE531-1016
© Train Side View by TKM
モハE531形1000番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13 IGBT


その他機器
__>_

モハE531
-1000A
ロング
CIを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに26両が在籍しています。1023以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。

計26両

モハE531-2016
© Train Side View by TKM
モハE531形2000番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13 IGBT


その他機器
__>_

モハE531
-2000A
ロング
CIを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに26両が在籍しています。2023以降はAM/FM受信アンテナが省略されました。

計7両

モハE531-3003
© かけやま写真館
モハE531形3000番台(A)の側面写真
CISIVCP
CI13A IGBT


その他機器
__>_

モハE531
-3000A
セミクロス
CIを搭載する中間電動車で、勝田車両センターに7両が在籍しています。準耐寒耐雪仕様(+3000)の区分で、車体風道を採用し主電動機がMT75Aとなりました。

配置の推移(2006年末以降)

詳細

配置 2017年末 2016年末 2015年末
勝田車両センター 5×34430 5×29375 5×28370
10×26 10×23 10×23
合計 430 合計 375 合計 370
動き 上野東京ライン開業用として基本編成3本、3000番台1本、黒磯構内直流化用として3000番台2本が新製されました。 415系1500番台置き換えのため、3000番台1本が新製されました。 415系1500番台置き換えのため、0番台付属編成6本、3000番台3本が新製されました。
配置 2014年末 2013年末 2012年末
勝田車両センター 5×19325 5×18310 5×18310
10×23 10×22 10×22
合計 325 合計 310 合計 310
動き 上野東京ライン開業用として基本編成1本、415系1500番台置き換え用として0番台付属編成1本が新製されました。 動きのない1年でした。 動きのない1年でした。
配置 2011年末 2010年末 2009年末
勝田車両センター 5×18310 5×18310 5×16300
10×22 10×22 10×22
合計 310 合計 310 合計 300
動き 動きのない1年でした。 E501系の機器更新予備車として0番台付属編成2本が新製されました。 動きのない1年でした。
配置 2008年末 2007年末 2006年末
勝田車両センター 5×16300 5×16300 バラ16両280
10×22 10×22 6×9
5×16
10×13
合計 300 合計 300 合計 280
動き 動きのない1年でした。 グリーン車組み込み計画が公表された時点で予定されていた300両が出揃いました。 基本編成、付属編成の新製が進められ、年末にはグリーン車の組み込みも始まりました。

© 2004-2017 いちさと

Forgot your details?