スレッド:東武鉄道

東武8000系8570F、「また」故障

このトピックには2件の返信が含まれ、3人の参加者がいます。1 週、 1 日前 いちさと さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #13426
     todaystyle272 
    参加者

    東武8000系8570Fが東武亀戸線にて故障し、8577Fを併結し回送されました。
    https://2nd-train.net/topics/article/23216/

    8570Fは先月にも東武大師線にて故障し、8565Fとともに回送されました。
    https://twitter.com/7r02kk9/status/1110104230239457280
    その後南栗橋を検査?出場し、出場試運転も行いましたが…その「翌日」に故障してしまいました。
    https://www.youtube.com/watch?v=UpBCgr_-lsY

    …もう引導を渡したほうがいいんじゃないんですかね?
    # というか、工場で検査して試運転した車両がその翌日に故障するって問題じゃないか?

    #13427
     横山正典 
    参加者

    その亀戸線沿線ですが、またMG故障でしょうか。3月の大師線内故障は確かMGで、自走可能だったようですが。
    今回もMGが怪しいとみており、こうなるとSIV搭載の上、誘導障害対策を行うしかないと思います。一部の20400系列投入だと、ホーム長が亀戸と曳舟以外は伸ばさないといけない為、大掛かりな設備改良になります。さらには、共通運用の大師線でもホーム延伸が避けられないので、置き換えだと事実上10000系列の2連しか置き換えが難しいかと。

    #13428
     いちさと 
    キーマスター
    誤った推測による刺激的な記事のほうが、正確な記事よりアクセス数が多いのが現実で、この流れにどう対応すれば良いのか…。 表示

    実態として、検査直後は故障が多いです。
    機器同士の組合せが変わることによる調整不足や、作業不良、新品部品の初期故障が発生しやすくなります。このような「いじりこわし」を避けるためにも、近年CBMが注目されています。
    分解して整備することで避けられる故障件数が「いじりこわし」を下回るなら、分解しないほうが得策、という考えが鉄道業界にも広がってきたところです。

    あと、MGが故障したというソースが良く分かりませんでした。「MGが停止していた」という目撃はあるようですが、補助電源はそもそも隅々に渡る血液のようなもので、接地故障のような瞬時に原因が特定できない電気的故障があった場合、二次故障を避けるためにも、調査可能箇所まで補助電源カットで移動することがあります。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

トピック「東武8000系8570F、「また」故障」への新規返信追加は締め切られています。

© 2004-2019 いちさと

Forgot your details?