スレッド:JRの車両その他

東所沢電車区公開

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。4 ヶ月、 2 週間前 いちさと さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #11195
     いちさと 
    キーマスター
    ノートを取り急ぎ翻訳しました。どう運用していくか未確定な部分もあり、整備を続ける予定です。 表示

    本日、東所沢電車区の公開があり、6月初めに205系ケヨM29編成が引退すること、6月からキヤE195系の武蔵野線内での試運転が始まることが掲示されました。
    工臨気動車の運転には甲種内燃車の免許が必要になり、転換教育を受けているようです。
    https://twitter.com/N_Mansei/status/1002737866160549888

    まず「計画(ベスプラ)では、3年後に機関車は廃止、2017年度は置き換えで2019年度は全廃となっている」との記述があります。

    この件ですが、秋田総合車両センターに関する記述ですので、大宮で整備を受けるSLは対象外、秋田で整備を受ける貨物会社仙台総鉄のDE10は対象内となります。
    また「運輸関係社員の皆さんの車両の置き換え計画」という表現については、ベストプラクティス公表時のタイトルが「運輸車両の皆さんへ」との記述があるので、ベスプラ自体を指していると私は解釈しました。異論はあると思います。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

トピック「東所沢電車区公開」への新規返信追加は締め切られています。

© 2004-2018 いちさと

Forgot your details?