スレッド:JRの車両その他
「JRの車両その他」スレッドのノート

該当のノートがありません。パーマリンクが「other_series」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

トピック:新系列車両の検査周期延伸へ

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。5 日、 13 時間前 いちさと さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #13653
     すいごう 
    モデレーター

    公開された労組資料より、
    新系列車両に適用されている新保全体系での検査周期について、
    これまでの60万キロ間隔から80万キロ間隔へ延伸されることが分かりました。

    ・現行の60万km間隔から80万km間隔にする。
    ・対象車両は、特急ではE653系、通勤・近郊形ではE231系以降の新系列車両とする。
    ※新動力車(ハイブリッド等)は対象外

    対象車両ですが、新系列車両でも、209系やE217系などの初期の形式や、
    VVVF化改造で新系列となった205系5000番台は対象外となるとのことです。

    また、全編成一斉に検査周期が延伸されるわけではなく、
    今年7月に出場した編成から80万キロ周期に変更となるとのなのことで、
    (趣味的な観点に限れば)すぐに影響が出てくる変更ではなく、2~3年後から影響が出てきそうですね。

    URLはこちらから。
    https://tx-style.net/notes/kensashukienshin

    #13654
     いちさと 
    キーマスター
    最低限ですが、メンバー全員が画像を添付できるようにしました。 表示

    貴重な情報源に対して、認証掛けをして頂きありがとうございます。

    車輪について補足させて頂くと、2015年のサイバネシンポジウムで「209系車輪走行距離と転削周期最適化」という発表がありました。当時、幕張車両センターの209系は70〜90万キロで車輪が使用限界に達してしまうため、装置・車体保全の繰り上げ入場が行われていたとのことです。実際に周期が延びていくと、特に近郊線区では車輪径の制約を大きく受けそうです。

    また、周期延伸へ至る経緯について、R&m2013年6月号の「保全体系最適化試験車の入場計画シミュレータの開発」に掲載されており、E531系などにテストカーを用意し、規程周期以外のタイミングで保全をしていたとの記述があります。
    E531系は出場時の外観と検査時期が合致しない車両がありましたが、これが答えのようです。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

トピック「新系列車両の検査周期延伸へ」への新規返信追加は締め切られています。

© 2004-2019 いちさと

Forgot your details?