スレッド:JRの設備/路線

大田運輸区構内に線路敷設中

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 週間、 5 日前 いちさと さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #12518
     いちさと 
    キーマスター
    ノートを取り急ぎ翻訳しました。どう運用していくか未確定な部分もあり、整備を続ける予定です。 表示

    旧・蒲田電車区構内電車庫の解体が進む大田運輸区ですが、本日、非営業用と思われる新たな線路の敷設を確認しました。
    添付地図画像のように、電車庫内には2年前まで仕業検査で使っていた北側の1線、配置区時代に交番検査や臨時検査で使っていたと思われる南側の3線がありました。
    掲示によると、解体作業は7月23日から来年2月28日まで行われており、現状、建屋は完全に撤去され、北側の1線を残して線路が剥がされています。

    今回、この跡地に真新しい線路、分岐器が新設されていることが確認できました。
    1枚目は一番西側の(添付地図の左端から右側を見た)写真です。既存の北側の1線(向かって左側)のほかに、奥で2本に分かれるような線路が新設されています。
    2枚目は、1枚目より東側の(添付地図の更に右側を拡大した)写真です。向かって右側は旧・蒲田電車区庁舎で、現在はJETS(JR東日本運輸サービス)の蒲田事業所、総合研修センターが入居しています。この前に、新設の線路が広がる形となります。(大田運輸区は敷地を管理しているものの、事務所は蒲田駅前に移転しています。)
    3枚目は、更に東側(添付地図右側のテニスコート付近)を俯瞰した写真です。2本に分かれた新設の線路が続いていることが分かります。

    訓練・研修関係の線路ではと推測していますが、詳細が明らかになるまで観察を続ける必要がありそうです。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

トピック「大田運輸区構内に線路敷設中」への新規返信追加は締め切られています。

© 2004-2019 いちさと

Forgot your details?