スレッド:E231系
「E231系」スレッドのノート

◇山手線向け500番台の動き
・10号車以外の10両
 ・E235系新製投入により、中央総武緩行線への転属が進展中。
 ・最終的に全編成が中央総武緩行線へ集結する見込み。
・10号車
 ・48両(E235系50編成-500番台新製2両)がE235系へ編入改造の上、組み込みを実施。
 ・現時点では4両(E231系52両-編入48両)が余剰となる見込み。
・関連コンテンツ
 山手線・中央総武緩行線の世代交代

◇中央総武緩行線向け0番台の動き
・6M4T化の上残留(6編成)
 ・500番台の編成数(52編成)が中央総武緩行線の運用数(56運用)より少ないため、6編成が6M4T化の上、中央総武緩行線へ残存する予定。
・3000番台化され八高川越線へ転用(6編成)
 ・上記の6M4T化で余る6編成を、八高川越線へ転用する予定。
・武蔵野線へ転用(33編成?)
 ・武蔵野線への転用が進行中。
・ミツB31編成のうち4両は、大宮から長野への余剰車配給用の伴走車。
・関連コンテンツ
 山手線・中央総武緩行線の世代交代

◇機器更新の動き
・近郊タイプ前期車・常磐快速線向け0番台
 ・基本的には、機器更新が終了した状況。
 ・マト139、118、119編成は機器更新未了。
・中央総武緩行線向け0・500番台・武蔵野線向け0番台・八高川越線向け3000番台
 ・基本的には、転用改造と並行して機器更新を施工。
 ・ミツB30~39、41編成は三鷹車両センター時代に機器更新を施工。
 ・ミツA540編成は機器更新未了。
・近郊タイプ後期車・東西線直通向け800番台
 ・今のところ機器更新は確認されていない状況。
※進捗は各編成表参照。

◇更に先の動き
・2017年時点の労組資料に近郊タイプE231系の転出、長野地区へのE231系の転入の話が掲載(詳細)。

トピック:ミツB31編成営業開始(機器更新は6両のみに施工!)+近郊タイプは?

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 年、 8 ヶ月前 いちさと さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #8951
     いちさと 
    キーマスター
    TXの動きが多過ぎて、JRに手が回りません…。 表示

    添付の通り、本日から機器更新を受けたE231系ミツB31編成が運用に就いています。
    スクリュー式の戸閉装置では戸閉スイッチが外部から視認できるため、機器更新状況が注目されていましたが、先頭車と電動車の戸閉スイッチがDS-9EC(2015年10月ナブテスコ製)に更新、中間付随車4両はDS-9Eのままとなっていることが確認できました。添付画像の通りです。
    DS-9EC形戸閉スイッチはE233系のスクリュー式戸閉装置で使われており、長期間の活躍が見込まれる6両の戸閉装置のみが更新されたようです。

    念のため今年10月に車体保全を受けたB29編成の戸閉スイッチを確認しましたが、全てDS-9Eで統一されていたので、車体保全メニューではなく機器更新による変更で間違いないでしょう。

    なお、E217系ではブレーキ制御装置の外箱も更新対象でしたが、E231系では通勤タイプ、近郊タイプ共に更新対象外となり、付随車の機器更新箇所は戸閉装置くらいしか知られていない状況となっています。

    近郊タイプや松戸車のリニア式の戸閉装置は、戸閉スイッチに銘板が無く、外観から更新の有無を確定させるのは厳しい状況です。本日ヤマU520編成を観察したところ、付随車のドア作動音が従来通りなのに対して、その他の6両は作動音が異なっていました。
    今回のミツB31編成の事実を踏まえると、近郊タイプも中間付随車の機器更新が見送られていると思われます。

    通勤タイプは武蔵野線など、近郊タイプは房総各線などへの転用の噂があり、今後の動きが気になりますね。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

トピック「ミツB31編成営業開始(機器更新は6両のみに施工!)+近郊タイプは?」への新規返信追加は締め切られています。

© 2004-2019 いちさと

Forgot your details?