スレッド:E231系
「E231系」スレッドのノート

該当のノートがありません。パーマリンクが「series231」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

トピック:ミツB31編成営業開始(機器更新は6両のみに施工!)+近郊タイプは?

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 年、 4 ヶ月前 いちさと さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #8951
     いちさと 
    キーマスター
    最低限ですが、メンバー全員が画像を添付できるようにしました。 表示

    添付の通り、本日から機器更新を受けたE231系ミツB31編成が運用に就いています。
    スクリュー式の戸閉装置では戸閉スイッチが外部から視認できるため、機器更新状況が注目されていましたが、先頭車と電動車の戸閉スイッチがDS-9EC(2015年10月ナブテスコ製)に更新、中間付随車4両はDS-9Eのままとなっていることが確認できました。添付画像の通りです。
    DS-9EC形戸閉スイッチはE233系のスクリュー式戸閉装置で使われており、長期間の活躍が見込まれる6両の戸閉装置のみが更新されたようです。

    念のため今年10月に車体保全を受けたB29編成の戸閉スイッチを確認しましたが、全てDS-9Eで統一されていたので、車体保全メニューではなく機器更新による変更で間違いないでしょう。

    なお、E217系ではブレーキ制御装置の外箱も更新対象でしたが、E231系では通勤タイプ、近郊タイプ共に更新対象外となり、付随車の機器更新箇所は戸閉装置くらいしか知られていない状況となっています。

    近郊タイプや松戸車のリニア式の戸閉装置は、戸閉スイッチに銘板が無く、外観から更新の有無を確定させるのは厳しい状況です。本日ヤマU520編成を観察したところ、付随車のドア作動音が従来通りなのに対して、その他の6両は作動音が異なっていました。
    今回のミツB31編成の事実を踏まえると、近郊タイプも中間付随車の機器更新が見送られていると思われます。

    通勤タイプは武蔵野線など、近郊タイプは房総各線などへの転用の噂があり、今後の動きが気になりますね。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

トピック「ミツB31編成営業開始(機器更新は6両のみに施工!)+近郊タイプは?」への新規返信追加は締め切られています。

© 2004-2019 いちさと

Forgot your details?